管理栄養士 SHOKO のおいしい毎日

転勤妻として北海道→埼玉→大阪→岡山→佐賀と日本縦断中! 各地域での食文化や季節の食、子育てのことなど。

「なぜならば」を伝えているだろうか。

前の日記にもある、和田裕美さんのわくわく伝染ツアーに行ってきましたが
ここでは悩んでいたことの答えが見つかりました。
それは「人ってどうしたら変わるんだろう」という事でした。


和田さんのこのセミナー(?ではない。エンターテイメント?)は3部構成になっていて
056.gif一部:考え方をどう身につけていくか~人間とし根っこを作っていくこと~

056.gif二部:人付き合い~人を育成するリーダーとしてどう接したらよいか~

056.gif三部:目標達成するためにどのような事をするか

という流れです。

もう、三部あたりは感動VTRとかみて…和田ワールドにひきこまれました。
詳しく知りたい方は、和田さんBLOGから参加したみなさんのblogみてくださいね。


さて、私の疑問。「人ってどうしたら変わるんだろう」という事。
カウンセリングで聞く行動変容とかも同じなのかな。
通ずるものはあるかもしれません。
今回の思いは職場の後輩をなんとかしてあげたいな~というところからはじまりました。

私自身、仕事をしていて思うのは、人って、
自分の周りの動きを察知できる人と、そうではない人がいるということです。

例えば誰かが電話をしているとして
「あ。今あの人と話しているんだろうな」とか
「あ、また折り返しくるんだな」とか、、
背中で聞くではないですが、それができる人とできない人がいるということです。

さらに大きく分けてしまえば、人のことを見て模倣できる人とそうではない人がいます。

模倣できる人に対しては、自分がどれだけ影響を与えられる人間になるか?が
一つの解決策になりますが、後者の方には色々な策を講じなければならず、
比較的不満がつのりやすいものです。

いわゆる「空気読めない」ですから……

私にも後輩がいて、一緒に働いて半年たったころから
彼女が全く周りの動きを見えていないことがわかりました。
困ったちゃんです。


一つの仕事を彼女と取り組んで見えてきたのは
・わからなくても質問ができない(再三、「質問してね」と言っても。。。)
・過ちから学びがない、もしくはなぜこの間違いをしたのか自分で理解できない。
・それを次回正そう、もしくは直したいのでどうしたらいいのか?という次への動きがない
・なぜこれをするのかわからない。
・注意してもメモをとらない
・居眠りする。(これはかなり特別。。。。(笑))
という事でした。

こちらが真剣に
仕事での過ちを指摘しても、また同じ過ちを繰り返したりします。

このことを、周囲の友人に相談すると皆、
同じように職場に困ったちゃんがいました。

彼らに共通していえることは、
周囲が見えない。
模倣できない。
コミュニケーションが下手。

それから、たまに…自己過信でこちらの話を聞かないという人もいるようです。


それに付随して仕事一つの「意味」が全く見えてませんからお手上げなのです。

自分がやっている事の意味を明確にしながら取り組んでいる人と
なんかよくわからないでやっている人の成果や結果は全く違うと思います。

それを改善するには…

「なぜならば」を必ず説明して、心の深い所に落とす。伝える。
ということでした。
さらに言えば、それを理解しているか、
本人にコミットメントさせて仕事をスタートさせるのが望ましいということです。

ようするに、もう一段、(いや、時には二段も三段も)階段を下りて伝えてあげなければ
ならないのです。

人を育ててきた和田さんの言うことだな~と。
納得して帰ってきました。

それからは、ひとつ、ひとつ彼女に教えてます。
「なぜ、誰よりも先に電話をとるのか」というところから…(笑)
[PR]
by mokimokis | 2009-01-30 20:18 | 勉強会・セミナー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30