管理栄養士 SHOKO のおいしい毎日

転勤妻として北海道→埼玉→大阪→岡山→佐賀と日本縦断中! 各地域での食文化や季節の食、子育てのことなど。

2012!ようやくの書き初めとぜひ読んでもらいたいblogなどなど

あけましておめでとうございます!
というには遅い遅い(汗)もう、月の半分が…

こちらでは明らかに出遅れたスタートではありますが
今年もマイペースで^^がんばりたいと思います!
よろしくお願いします〜。

マイペースといましても、
そのままいきますと、呑気な状態になるので(笑)
ある程度の、自分への約束を守りながらですけども。

なんだか年々怠け者になっている気がするので
自分を律することの大切さというのをひしひし感じています。

それと同時に自分の人生を自分で決めて生きることの大切さも揺るがなくなっています。
このBlogの名前がそもそもそうですけれど、やっぱり人生一度しかないですからね。

そんな思いの中、年末年始と社会派ブロガーの方々の
エントリーを読んで紹介したい!と思ったものをいくつか。

まずは、
おちゃらけ社会派!で有名な
Chikirin(ちきりん)さんの今年の最初のエントリです。

一番大事なこと
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20120102

一番大事な事
それは、「自分がどう生きていきたいか」を理解しておくこと、そして選んだ道に自信を持つこと。


他者の目なんか関係ない、自分の選んだ道に責任を持つ。
シンプルですが、そのことに気がついていることと
そうじゃないことの差は大きいように思います。
読んで「おしゃっ!」と思い、気合いが入りました^^

==========================
続いて、神戸女学院大学名誉教授の内田樹(たつる)先生の
内田樹の研究室より。

困難な時代を生きる君たちへ
http://blog.tatsuru.com/2012/01/09_1228.php

まじめに受験勉強をして、いい大学を出て、一流企業に就職したり資格や免状を手にすれば、あとは生計について心配はしなくてよいというような「人生設計」を立てることがむずかしくなった。
 ただし、「むずかしくなった」だけで、まるで不可能になったわけではありません。そこがむしろ問題なんです。受験勉強なんか無駄、学歴なんか無意味、資格や免状も無価値というところまでいっそ徹底していれば、頭の切り換えもできるのですが、そうではありません。報われると信じて努力して報われる人もいるし、努力したのに報われなかった人もいる。
 その分かれ目にはっきりした法則性がないのです。それが私たちの時代の「困難さ」の実体です。


私もいわゆるロスジェネの最終組だとは思うのですが
専門職というせいか就職に困るということはなかったですし、
それに加えて学歴もありませんので完全に現場で「仕事みて評価して!」と開き直ることができたというのもあるのですが。。(笑)

たぶん、幸せの構造(いい会社に入って、家を買ってとか)というものも変化していますよね。そこの温度も団塊世代、バブル世代、ロスジェネ世代、ゆとり世代(?)じゃ全然違ってきている。
そのことをよく理解しないといけません。

あと、元旦の夜に放送していたNHKのジレンマ を見た方いますか??
私、あれを見て色々勉強にもなったのですがちょっと悶々としたものが
残っていて。
(かといって、自分はあそこに呼ばれた方々の足下にも及びませんけれども笑)

でもこのblogのエントリを見てそれがスッと軽くなっていったというか。
たくさんの若者とその親に読んでもらいたいです。


==========================

さて、そして最後、
カタリバ 理事をしてらっしゃる酒井穣さんのblogより

縮小していく人生の恐怖から「自由」になるための、唯一の方法に関して。
http://NEDWLT.exblog.jp/17255580/

もう、これはですね、
同じ世代の方なら共感できるんじゃないの?みたいなことなんですけど
どうです?
私は年明け数日、まさにこの縮小していく可能性にうちのめされてしまって。
今年、ちょっとチャレンジしたいなってことがあるのですが
それについてあーちょっとマイノリティなのかも〜な気がしていました。
でもこれを読んで最後は自分ですよってことにまた戻るわけです。あとはそれにいかに集中できるのか、blog中では理想のダイエットと表現されています。

縮小してく可能性を押し戻せるチャンスは、いつだって自分の人脈の中から立ち上がってきます。このとき、チャンスとなる「新たな提案」は、自らのイニシアチブによって取りにいかなくてはなりません。運よく人脈のほうから「新たな提案」が出てくることは、ほとんどないからです。=中略=大事にしてきた手持ちの可能性カードは、周囲の環境によって捨てさせるのではなく、自ら決めて捨てていくべきものです。そして残すと決めたカードに日々集中し、そこに人脈のレバレッジをかけて新たな可能性のカードを獲得していくことが、ただ一度の人生を主体的に生きるということであり、理想のダイエットを終わらせるために必要なことなのでしょう。



そのようなことで、行き着く先は
人生は一度きり!今年も悔いなく、人生のハンドルしっかり握って
日々をすごしていきたいと思います。

みなさんよろしくお願いします!

d0151485_2138145.jpg

[PR]
by mokimokis | 2012-01-15 21:18 | 心に響いたこと
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30