管理栄養士 SHOKO のおいしい毎日

転勤妻として北海道→埼玉→大阪→岡山→佐賀と日本縦断中! 各地域での食文化や季節の食、子育てのことなど。

小宮一慶×勝間和代スペシャル対談【本のちから~本はあなたと社会を変える】

本日は、紀伊国屋サザンセミナー、Discoverと紀伊國屋書店の共催による
小宮一慶×勝間和代スペシャル対談【本のちから~本はあなたと社会を変える】に参加してきました。

前々から存じ上げていながらも、小宮さんのお話をお聞きするのはこれが初めてです。
そしてなんとまあ、すっかり勝間さん大好きでいろいろな方に本を進めていながら、私、生の勝間さんを拝見するのも初めてでした。

小宮さんは森本レオさんを細くしたような印象で、勝間さんはやはり東洋美人です。
お二人のテンポがなんとも心地よく、かつスムーズ。

同席された、Discoverの千場社長もすごく楽しい方でした。
でもこのお二人の本を売る会社の社長ですから、彼女もすごい方です。
千場社長の事ももっと知りたくなってしまいました♪

さて、本日のテーマは二つでした。
◎社会人の為の読書術
◎WEB時代における本の課題と可能性


【社会人の為の読書術】について
・フレームワークをとらえること⇒著者が何を構想して何を伝えたいのかをとらえる
・目的意識を持ってよむこと⇒通読するものなのか、熟読するものなのかを明確にする

◎小宮さんの言葉からのまとめ
論理レベルの高い本は熟読することで自分のレベルを上げるものと捉え、情報を得るために読む本は通読と捉える事で両者の目的を明確にして、それぞれ読み方を変えていく事ができるのだと理解しました。

【WEB時代における本の課題と可能性】
電池の問題がある限り紙媒体は無くならないのでは?
・双方向性=interactivety があるのは本よりもブログなどである。

~本でもこのinteractivetyを実現できないのか?という試みを勝間さんが今後行っていくとのこと。(楽しみです!!)
投稿者の情報公開された環境でのレビューへの信頼。アマゾンよりもSNS(mixiなど)。
人は隠れ蓑があると責任を持たず、やる気を失う。⇒匿名から実名の時代になるのでは。

~これは、私もおもうところがありました。現在いくつかのSNSに参加していますが、実名のSNSは、属している方の意識も高く面白い。
・若年層が本を読まない⇒本が良いという事を伝えるには??(質問コーナーでも同じ問いがあり、やはり「感想文」がよいのではという回答がありました。)
・E‐mailもいいが、知っている人としか交流はできない。
・本は知らない人との交流であるということ⇒講演会に行くように本を読む。著者と対談するように本を読む。本は人!!


◎お二人とも、本を常に持ち歩き、隙間時間を読書にあてることがあたりまえ。
むしろ、隙間時間に本がないと人生を損した気分になるとのこと。
少なからず、私もそのいう気持ちが強いので本を読む楽しさをたくさんの人に伝える一員になれればと思います。本で人生変わってると思います。私。


~質問コーナー~
☆小宮さん、勝間さんはどのように本を選んでいるのか?
小宮さん~新聞の書評欄(自分の嗜好にないものも目に入る)、人からの推薦。
勝間さん~気になったらまず読む、同じ本屋に通い新書などの情報をすばやくキャッチ。
著者から入っていくのもよいのでは。(やはり相性があるとのことです)
本の構造として丁寧なものは中身も良い事が多い。

☆論理的思考力はどうやって身につけていくものか(⇒小宮さん)
小宮さんは法律書を読み進める中で学んでいったそうです。(法学部のご出身ですので)
本を読む場合は注釈も読むし、参考文献も目を通す。
その中から著者の言いたい事を読み解き、つなげていく作業の中で身についてくるもの(すいません。この辺は私が感じてまとめました。)

☆出版という目標に向かうには
変わった体験をすること。
ブログなどによるアウトプットの積み重ね。その中でも

人のしていないことをしているか。もしくは、
人のしていることならより深い事をしているか ということでした。

上の二つの言葉が心に響きました。
出版に限らず、自分のライフワークとしていくものはこういうものであるべきなのかなと感じます。


d0151485_2415089.gif

この他Chaboプログラムのお話なども聞かせていただきなんだかワクワク。
12月には大きなイベントもあるそうです~◎行かなきゃ!!

この日記を読んで読書力高めるぞー!という方はお二人の本をぜひ!!
小宮さんのビジネスマンのための「読書力」養成講座

勝間さんの
『読書進化論--人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか--』 こちらは10/1発売!!
[PR]
by mokimokis | 2008-09-17 02:09 | 勉強会・セミナー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30