管理栄養士 SHOKO のおいしい毎日

転勤妻として北海道→埼玉→大阪→岡山→佐賀と日本縦断中! 各地域での食文化や季節の食、子育てのことなど。

実は6才から書いていた。


はじめて日記をつけたのは6歳、小学校一年生の夏休み。
学校から出される宿題の他に、自主学習である、いわゆる「頑張りノート」なんかもやるわけですが
さらにそれにプラスして母親が私に課したのが「日記」。

今でも覚えてますけど、毎日ちゃんとかけなくて
しまいには4日分とか書くわけですよ。
そんなのだから、内容がグダグダな日もあるわけですが…
結局、6年生まで、夏休み春休み、全部書いてました

d0151485_14134166.jpg


これは1年生の夏休み、はじめて書いた日記帳。3年生までは絵日記だったのです…これも浴衣がうまくかけなくて、短パン半そでにしたら、母親に嘘を書いちゃいけないと言われ、浴衣を無理やり上に書いてます。
よくみると、毎日、先生がコメントくれてます。大人になって見て、これに泣ける。。。。




まあ、このblogも日記の一つなわけですが、
ウィキペディアによればBLOGとはこのようなもの。

ブログ (Blog) とは、狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種である。「WebをLogする」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった。

誰でもマイページを持てるわけですから。
すごい世の中になったもんです。

私のこのBLOGも早3年目ということになりますか。
もっと為になることを書きたいとおもいつつ、
なんか本当、自分の覚書なので。

たまには、もっと仕事にかかわる専門的な事とかを
書いたら読者がふえるんじゃないかとか思うのですけど、
これは私自身の人となりみたいなのを知ってもらうツールだと思っているので
この先もこんな感じだと思います。


おもしろいblog、たくさんあります。
私もリーダー登録しているものがかなり多いですが、入れ替わりも激しいです(笑)
結果的に、思いをちゃんと書けている人のは長く読ませていただく事になりますねぇ。
あとは、情報の新鮮さと面白さ、ビジュアルで楽しめるかどうか。
そういうことで判断してる。

たとえば、
日々の事柄を小説みたいに感動して読めるのは茂木せんせのBLOG。

料理なら、じーさんばーさんBOLG

まさに“読むが価値”なのが、鹿田尚樹さんのBLOG。

番外編?でホットな記事、笑って泣きたいなら電通の中村さん。
先日のこの記事なんて…もう…orz
彼の語彙の多さと構成のおもしろさに完全にやられました。
すばらしい完成度。できるなら私もこれくらいのものをかけるようになりたい。
ケド、こんな経験はしたくない、いや、しても言えない。



人って書くことで消化できるんでしょうね。
私は完全にそうです。
頭の中のぐるぐるを整理する。


一つの事柄からニューロンのように枝葉が伸びて
広い世界を想像⇒創造&ちょっと妄想?できるような文章が書けるように精進していこう。

というわけで、今日のぐるぐるは、私のBLOGこれでいいのかぁ?というものですが、
まあ、これでいいやぁ。と…思います。。。

読んでくれる方が一人でもいれば、いや、いなくても、、、
これからも書いていきます◎
[PR]
by mokimokis | 2010-04-18 14:18
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31