管理栄養士 SHOKO のおいしい毎日

転勤妻として北海道→埼玉→大阪→岡山→佐賀と日本縦断中! 各地域での食文化や季節の食、子育てのことなど。

**風邪にて療養中~新型と疑われて~**

先週からなんとなく体調が悪かったのですが、
火曜の夜からゾクゾクし始め、昨日ついに熱発。。

今回は喉の痛みや鼻水はなく、とにかく頭痛と節々の痛みと熱!!
節々というか、背中から腰にかけてが痛い、痛い…

こうなる前から、背中は痛かったのでこれは前兆だったのでしょうねー。

熱も私にしては高い38℃まで上昇。
ヒーコラ言いながら病院に行きました。

引っ越して初の通院でしたが、
前から目をつけていた家から5分ほどの和漢診療をしている病院へ。

受付をしようとしたらおばさんに横入り026.gifされるという
アクシデントに見舞われながらも問診表の記入。。
提出後、待合室で座るもなんだか体がコワい…
(「こわい」というのは具合が悪いという意味。北海道の言葉です)

横になった方が楽だな…どうしよう…ここで寝てもいいかな…
などとと思っていると看護師さんが私のところへ来て2,3質問。

「じゃーこちらの部屋にいてください。横になった方がよかったらそうしてください」と別室へ案内。

私は「なんてすばらしい病院!!これがCSってやつだわー」と感動しながら、
移動して寝かせてもらっていました。毛布もふかふかだし。最高。ぬくぬく。

でもさっき診察室に入った人が10番で私が13番だからもうすぐか~とお呼び出しを待つも
なかなか声はかからない。

30分近くたって、おやおやと思い始めると看護師さんが
「次はこちらの部屋にいらしてください」とまたまた別室へ。

039.gifえ、ここ<<X線室>>ですが?

特に何かを撮影するわけでもない。
待っていてくださいねと椅子に座らされて毛布を渡される。

そう、ここで私ははじめて気がついたのです。

「新型インフルの疑いで隔離028.gifされているのだ」と

そう思うとなんだかおかしくなってきて、具合の悪いのもぶっ飛び…(笑)

Twitterでつぶやいて遊んでいました。→その記録はこちらで。

それから5分ほどして先生のおでまし。
心なしか距離が遠い(笑)

心音も聞かず、脈だけみながら…
「一応、検査しときましょっか??」とのことで、鼻に綿棒をぐるぐると。

結果で出るまで10分間、また一人取り残され…さみしい時間を過ごしていると
私と同じ方がX線室に入場。
先入りだった私は胃カメラ室で待つことに。
部屋を出る時にお互い目があって「あなたもですか」なんて心で会話したような気がしました。

10分後、先生からの呼び出し。
結果は陰性◎

皆が私を受け入れてくれているのを感じながら無事に通常の診察室へ(笑)

葛根湯じゃ熱が下がらないかもしれないから、ワンランク上のを処方しますね。
マオウ湯にします。

と、先生。

私は魔王湯031.gifか…、すごい効きそうだな。よかったと思って病院を後にしました。


家に帰って袋を開けたら、魔王じゃなくて麻黄湯でしたけどね。
d0151485_14355623.jpg


Wikiによると、<インフルエンザの治療において抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減効果があるという研究結果が福岡大学病院の鍋島茂樹・総合診療部長らによって発表されている。>漢方らしいです。やぱり症状は極めてインフルに近かったのですね。


皆さんも風邪にはお気をつけて。
まだまだ療養中のもき子でした。
[PR]
by mokimokis | 2010-01-28 14:36
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31